今、吉原では

グッドデザイン賞受賞!

とても嬉しい朗報が届きました。

 

「リビング障子」

2013年度グッドデザイン賞を受賞いたしました!

 

 

グッドデザイン賞受賞!「リビング障子」

 

 

最初の構想から1年9か月。 年明け早々より本格的に製品化に乗り出し、この6月に発表したばかりのリビング障子。

組子欄間の伝統技法を駆使し、引き戸として使える強度と価格、デザインを一新した、言わば「リビング向けのモダン障子」です。

まさに伝統技術の真骨頂。 和室の置物としてではなく、小さな子供さんがいるご家庭のリビングでも安心してお使いいただける、現代の暮らしに溶け込む組子障子です。

 

これまで、様々なプロダクトに挑戦してきましたが、、もいっかい・・

もう一回建築で! 「障子」で勝負しちゃる!! そんな思いを込めてつくりました。

 

ありがたいことに有名媒体に取り上げていただいたことがきっかけとなり、未だHPでも詳細公開していないのにもかかわらず全国から多数ご注文いただいております。

ほんとうに嬉しいです・・。

喜びをバネにして、恐れず、これからも新しいことに挑戦する職人でありたいと思います。

(ホームページ間もなくリニューアルいたします。 工事が予定より遅れております。)

 

 

 

 

 

*******************************

<グッドデザイン総合評価>

日本の伝統木工技術である組子、欄間の技術を現代の生活空間の中で伝統を継承しながら、新しい組子の在り方や使い方の提案によって、伝統工芸の美しさや技術力を広く生活空間の中に自然な形で取り込めるような、日本の伝統技術の伝承と現代の生活空間を豊かにする活動を評価した。伝統木工技術の組子を駆使し、現代の暮らしに合ったデザインに開発されたリビング用の組子障子であり、障子は大柄な模様に合わせて組子の桟を厚く仕上げることで、実際にリビングで使う引き戸としてハードユーズにも対応しており、模様が大きくなっていることで組立て手間も短縮しており、コストダウンが実現されている点も評価した。

 

Gマーク B

 

2013年10月03日

カテゴリー : 今。吉原で。